ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 歴史・文化 > 文化財 > 教育委員会 > 県指定文化財 神山遺跡出土品が県指定文化財になりました
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

県指定文化財 神山遺跡出土品が県指定文化財になりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月23日更新

沖ノ原遺跡出土品(平成7年新潟県指定文化財考古資料)
今井城跡(平成25年新潟県指定史跡)
神山遺跡出土品(平成30年新潟県指定文化財考古資料)
県指定文化財一覧

県指定文化財

 町内にある県指定文化財3件の中3件を紹介します。

沖ノ原遺跡出土品(平成7年新潟県指定文化財考古資料)

沖ノ原遺跡出土 火焔型土器

 慶応義塾大学文学部考古学研究室の江坂輝弥教授による昭和47.48年の遺跡範囲確認調査で多量の考古資料が出土しました。
 その考古資料は、縄文時代中期の火焔型土器を含む縄文土器群、土偶や耳飾などの土製品、打製石斧や石鏃、磨製石斧などの石器類、炭化したクッキー状炭化物などです。

今井城跡(平成25年新潟県指定史跡

今井城跡

 今井城跡は、信濃川に張り出す高位段丘先端部に造営された中世の山城です。東は信濃川の支流である大門川による約150mの渓谷をなし、西は小屋番沢の断崖に挟まれた天然の要害です。主郭と外郭を結ぶ橋脚台や防備上の施設である桝形、幅広い空掘と土塁など、貴重な遺構群が明瞭に残存しています。『中魚沼郡誌』によれば寿永年間(1182~1185年)の頃に今井兼平を配していたようです。南東側には防備施設である土塁が構築されていない事実から、南北朝期は志久見(現長野県下水内郡栄村)にいた市河氏の勢力下にあったと考えられています。上杉氏の時代には信越防備の最前線基地として金子次郎右衛門が治めていましたが、慶長3(1598)年の上杉景勝の会津移封の後に廃城しました。

神山遺跡出土品(平成30年新潟県指定文化財考古資料)

神山遺跡昭和33年調査出土石器

 神山遺跡は、約23,000年前にあたる後期旧石器時代の活動痕跡で、当時の人々は特定のイエを持たず、狩猟・採集・内水面漁撈を生業としながら、この広大な津南段丘を遊動的に暮らしていました。調査は昭和33年と平成6年の2回に亘り行われ、両調査併せて495点もの石器類が出土しました。その中には、狩猟道具であるナイフ形石器(槍先)や骨・木・皮などの加工具である彫刻刀型石器(彫器)、それらの素材となる石刃、石刃を作出するための石核などが含まれています。中でも、出土した彫刻刀形石器(彫器)は特徴的で、一つの標式となり、「神山型彫器」と呼ばれています。石刃と石核が多く出土することが、本遺跡の特徴です。
 平成30年3月、神山遺跡の重要性が評価され、主要な出土石器類136点が新潟県指定有形文化財に認定を受けました。

県指定文化財一覧

指定番号種別名称指定年月日所在地管理者備考
2考古資料沖ノ原遺跡出土品平成7年3月23日町歴史民俗資料館町教育委員会縄文中期
1,064点
3史跡今井城平成25年3月26日大井平大井平地区
4考古資料神山遺跡出土品平成30年3月23日

農と縄文の体験実習館

町教育委員会

旧石器 
136点

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。