ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

病児保育事業に関するご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月23日更新

病児保育とは
実施施設
利用方法
申請書等

病児保育とは

病児保育とは、乳児から小学生までの疾病にかかり、保育を必要とする児童を対象とした保育事業です。
津南町では、生後3か月から小学6年生までを対象に平成29年7月1日から実施します。

実施施設

施設名子育て・健康支援センター「ちくたく」
住所十日町市馬場丙1550番地3
電話番号025-758-4390 (電話受付:24時間対応)
事業名病児保育事業
対象児童病気急性期・病気回復期(※1)
生後3か月~小学6年生
定員4名
保育時間午前8時00分から午後6時00分まで
休日土・日・祝祭日・年末年始
その他、医療法人たかき医院の定めた休日
利用料1日 2,000円(給食代含まず) (※2)
給食を希望する場合、別途300円(要事前申込)
持ち物弁当・着替え(2~3組)
持ち帰り用のビニール袋
おむつ・ミルク・哺乳びん
かかりつけ医の薬がある場合には処方内容の分かるもの

※1 「病気急性期」とは、発症から病気回復期に至らないお子さんのことを言い、
       「病気回復期」とは、症状のピークを過ぎた状態を指します。ひとつの目安は体温38℃未満です。

  • 感冒(いわゆる「かぜ」)、扁桃腺炎等疾患の場合:回復期は急性期を過ぎた状態
  • 風疹等伝染性疾患の場合:回復期は伝染の心配がない状態
  • 熱症(いわゆる「やけど」)、外傷等の患者の場合:回復期は症状が固定した以降

※2 利用料については、所得に応じて減免制度があります。利用時に施設に確認してください。

利用方法

  1.  ご利用には事前登録が必要です。
    「津南町病児保育事業登録票」に必要事項を記入し、事前に以下の施設に提出してください。
    なお、「津南町病児保育事業登録票」及びその他必要書類については、下記の各登録票受付施設のほか、当ページ下部のリンクより入手できます。
  2. 利用時は前日までに「ちくたく」へ電話申し込みを行ってください。
    当日の連絡であっても空きがあれば受け付けます。
  3. 当日は「津南町病児保育事業利用申込書」を提出してください。「ちくたく」にも用紙はありますが、押印が必要となる箇所があります。
    また、医療機関を受診された場合は、「医師連絡票」が必要になるためご留意ください。「医師連絡票」については医療機関受診時に持参し、作成を依頼してください。作成にあたり利用者負担はありません。
    その他詳細については「津南町病児保育事業のご案内 [PDFファイル/134KB]」を参照ください。

登録票受付施設一覧

  • 津南町役場(教育委員会窓口)
  • 町内保育園
  • 津南町子育て支援センター
  • 子育て・健康支援センター「ちくたく」(医療法人たかき医院併設)

申請書等

下記リンクより必要書類をダウンロードできます。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)