ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 津南町議会 > 産業建設常任委員会「9月の活動」
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

産業建設常任委員会「9月の活動」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

稲作畑作作況調査

とき 9月4日(火曜日)
場所 町内圃場(割野・正面・米原・沖ノ原・中子・相吉)
水稲生育状況
 茎数(穂数)は「やや多い」、藁長は「並」、葉色は「やや淡い」でおおむね良好でした。

今後の生育・作柄予想
 病害虫の発生、被害では斑点米カメムシの発生は平年並かやや少なく減収、品質低下は少ない。今後は収穂時期が平年より3~4日程度早まるため、刈遅れに注意とのことでした。

調査時の作柄予想
 一定の登熟歩合が期待できるため、平年並かやや良が見込まれます。昨年から実施されている密苗田もよかったようです。
 畑作では、沖ノ原の秋人参が2割減、雪下人参が1割減、加工トマトでは日焼け・中割れ・劣化などで反収2トンと大幅減となりました。アスパラは病害がなく平年並のようです。トウモロコシでは梅雨時期が短く、暑さも影響し収穫減となりました。鳥獣被害は電柵の効果か少なかったようです。相吉山の野沢菜ではネコブキン、ナンプ病で出荷95%と昨年より悪くなりました。

  
視察を終えて
 地球温暖化のせいか猛暑の年であったが、稲作はさほどの影響はなく良かったが、畑作では全般に悪く、農家の努力と気象がつりあわなく生産者の難儀をあらためて感じた調査でした。
(担当:中山弘)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。