ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 津南町議会 > 産業建設常任委員会「平成31年2月の活動」
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

産業建設常任委員会「平成31年2月の活動」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

次世代型廃棄物処理装置及び処理施設の現地視察

期日 2月13日(水曜日)
場所 栃木県真岡市 株式会社エコクルジャパン
 津南地域衛生施設組合ゴミ焼却炉の老朽化により、いつ使えなくなるかわからない状況にある。ゴミ処理を十日町市に委託するか、新設するかの段階で新たな対策がでた。次世代型有機物減容装置ERCM(無公害で低コストのリサイクル技術)である。町でも説明会を開いたが、納得するには程遠く、実物の視察に至った。
 17年間研究を続けており、名古屋で一社実用化されている。この装置は、これまでとは全く発想が違い、燃焼ではなく熱分解という。あらゆる有機物(生ごみ・糞尿・ビニル・廃プラ・廃タイヤ等)をセラミック状の粉末に転換し、無機物(ガラス・鉄等)はそのまま出てくる。最終処理場もいらないという。
 施設内に入ると思ったより小さい装置である。においは木酢のような燃えかす臭に感じた。処理機というよりは変電機のようである。
懇談を終えて
 あまりにも夢の装置で無公害、安価で維持管理費も少ない装置はまだ改良進行中のようだが、関係者の理解を得るのが大変だと感じた。
 (担当:中山 弘)
次世代型廃棄物処理装置

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。