ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 津南町議会 > 産業建設常任委員会「4月の活動」
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

産業建設常任委員会「4月の活動」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月31日更新

平成28年度所管事業成果巡視

日時 4月25日(火曜日)
場所 町内各所
 所管している担当課事業の主な成果を巡視しました。
○建設課事業
1.町営住宅(美雪町I棟)建設工事
 町営住宅(美雪町I棟)が完成し、4世帯共同住宅で1階は鉄骨造り、2階は木造の従来同様の建設でした。これでA棟からI棟の36戸が完成しました。
2.反里赤沢線改良舗装工事
3.石坂道路災害復旧工事
 石坂トンネル手前の復旧工事は、ネットフェンスの撤去と設置工事です。

○地域振興課事業
1.人参洗浄選別施設整備
 赤沢の人参洗浄選別施設では、雪下人参の栽培面積の増加に伴い、自動計量器包装ラインを導入し、収穫最盛期の選別作業の効率化と販売体制の強化を図っています。
2.防除用無人ヘリコプター
 中子のコントラクター津南では、防除用無人ヘリコプターを導入し、労務費のコスト削減し、規模拡大に取り組んでいます。
3.精米プラント導入
 貝坂のグリーンアース津南は、精米プラントを整備し、売上高の拡大と新たな雇用の拡大を図っています。
4.陣場下農道拡幅整備

巡視を終えて
 町営住宅は消雪パイプが整備され、冬場も安心です。
 新たな農業機械が導入され、若い農業者とともに津南の農業がさらに発展することを期待します。
(担当:桑原洋子)

写真は、江村地域振興課長から人参洗浄選別施設で自動包装ラインの説明を受けている様子です。
担当課長から説明を受ける委員

平成29年度津南町農業改良会議並びに津南町経営・生産対策推進協議会

日時 4月27日(木曜日)
場所 津南町役場大会議室
 各農業関係機関・団体が今年度の事業計画や方針を説明し、意見交換を行いました。
○津南町地域振興課農林班関係
 平成29年度予算並びに事業概要
○十日町農業普及センター
 農業ビジョン、活動方針等
○新潟県高冷地農業技術センター
 試験研究方針として複合営農の推進
○妙法牧場
 預託状況や放牧概要
○魚沼農業共済組合
 引受計画と実施方策、損害評価の適正化方策、損害防止事業の実施方策
○津南郷土地改良区
 維持管理事業地区の概要
○津南町農業協同組合
 営農指導・販売事業、購買事業、利用・加工事業、農産物検査事業

会議を終えて
 人口減少と高齢化で後継者不足になり、一番に影響が出るのが農業であると思われる。これからはICT農法(情報処理や通信に関連する技術、産業、設備、サービスなどの総称)と言われるが、全ての農業に当てはまるとは思えない。小規模農家では労力やノウハウも少なく、コスト負担も心配である。
(担当 中山 弘)
農業改良会議の風景

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。