ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

マイナンバーカード・通知カード

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月25日更新

マイナンバーカード(個人番号カード)・通知カード

マイナンバーカード(個人番号カード)とは

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。
本人確認のための公的な身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請など、様々なサービスにもご利用いただけます。

※このカードの申請は任意です。

申請方法

申請は原則役場では受付しておりません。
申請方法は、郵送での申請のほかに、スマートフォンやご自宅のパソコンからも申請が可能です。
詳しくは、下記からご確認ください。

マイナンバーカード総合サイトの交付申請について(外部リンク)

※交付申請書に書いてある住所・氏名に変更があった場合、紛失した場合

現在の住所・氏名が通知カードについてきた個人番号カードの交付申請書と違う場合はご使用いただけません。変更後の新しい交付申請書は役場税務町民課窓口で交付します。また、紛失の場合も交付申請書を役場税務町民課窓口で交付しますのでお声掛けください。

マイナンバーカードの受け取り

マイナンバーカードは申請されてから、約1カ月後に役場に届きます。交付準備が整い次第、受け取りのお知らせをする交付通知書を発送しています。お手元に交付通知書が届きましたら、事前に税務町民課へご予約いただき、以下のものをお持ちのうえ申請者本人が税務町民課窓口にお越しください。

 〇受け取りの際、お持ちいただくもの

  1. 交付通知書(受け取りをお知らせするハガキ)
  2. 顔写真付き本人確認書類(運転免許証、在留カード、身体障害者手帳、パスポートなど顔写真付きの身分証明書)
    ※上記をお持ちでない場合は、健康保険証、年金手帳、学生証などの証明書類2点
  3. 通知カード(紛失して手元にない場合などは「紛失届」を記入していただきます。)
  4. 印鑑
  5. 住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)

有効期限

 ・20歳未満の場合は、発行から5回目の誕生日までです。
 ・20歳以上の場合は、発行から10回目の誕生日までです。

通知カードについて

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。
※通知カードは、マイナンバーの確認のためのみに利用することができる書類です。一般的な本人確認の手続きにおいて利用できません。

通知カードについては、令和2年5月25日で廃止となり、再交付申請や記載事項の変更手続きを行うことができません。
なお、通知カードを紛失した場合の届出は引き続き必要になります。

令和2年5月25日以降に出生や国外転入などで初めてマイナンバーが付番されるかたには、国が発行する「個人番号通知書」でマイナンバーが通知される予定です。
ただし、個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類としては使用できませんのでご注意ください。

マイナンバーカード総合サイト/通知カード(外部リンク)

通知カードの紛失した場合

外出先で通知カードを落としてしまったなどで通知カードを紛失した場合は、まずは警察署または交番で遺失物届を行いましょう。
その際、警察から「受理番号」というものが発行されますので忘れないように控えておいて下さい。
その後、役場窓口で「通知カード紛失届」を提出して下さい


<関連情報>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。