ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

洪水ハザードマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップ

新潟県が想定する最大規模降雨(362ミリメートル/2日間)による信濃川水系の洪水浸水想定区域図を公表したことに伴い、町では浸水想定や避難方法について記載した洪水ハザードマップを作成しました。日頃からこの地図を活用し、避難場所や避難方法について確認しましょう。

学習情報等 [PDFファイル/3.02MB]

地図面 広域図 [PDFファイル/2.11MB]

地図面 拡大図 宮野原~灰雨 [PDFファイル/796KB]

地図面 拡大図 反里~押付 [PDFファイル/848KB]

地図面 拡大図 押付~外丸本村 [PDFファイル/890KB]

地図面 拡大図 下船渡本村 [PDFファイル/754KB]

洪水情報の流れ(伝達経路)

万が一のとき、情報があなたを守ります。日ごろから、隣近所と連絡を取り合ったり、テレビやラジオ、広報無線に耳を傾けましょう。

洪水情報の流れ(伝達経路) [PDFファイル/141KB]

内閣府 令和元年台風第19号等による災害からの避難に関するワーキンググループ報告

全国的に令和元年台風第19号等では、避難が遅れたことによる被災や、住民が「自らの命は自らが守る」意識が十分であるとは言えない状況、行政による避難情報や避難の呼びかけが分かりにくいといった課題が顕在化しました。

内閣府では、令和元年台風第19号等による災害からの避難に関するワーキンググループを設置し、取りまとめを公表しております。

報告書については、以下HPで御確認ください。

(内閣府ホームページ 令和2年3月31日公表)

http://www.bousai.go.jp/fusuigai/typhoonworking/index.html

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)