ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

花集出荷施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月27日更新

津南のユリ発進地「津南原農産物集出荷貯蔵施設」
花集出荷施設の概要
雪室
冷凍庫兼保冷庫

花集出荷施設

津南のユリ発進地「津南原農産物集出荷貯蔵施設」

この施設では雪を約1,200トン貯蔵できる雪室が設置され、これを冷却源として集荷所、保冷庫、冷凍庫の冷却を通年行うことができます。この津南原地区を中心として、津南町ではユリの栽培(切り花)、球根の養成が盛んに行われています。津南町中のユリがここに集められ、予冷された後全国各地へ出荷されていきます。切り花は冬の一時期を除いて一年中利用し、球根は冬の間この貯蔵庫で春まで眠ることになります。

花集出荷施設の概要

花集出荷施設の写真設置:平成4年度新農業構造改善事業
位置:津南町米原(まいばら)地内
事業費:177,846,000円
施設:鉄骨2階建て1,129.48平方メートル
集出荷場210平方メートル
雪室377平方メートル
冷凍庫兼保冷庫2室
資材(薬品)庫
会議室他2室

雪室

雪室の写真雪室に雪を貯蔵している様子です。

冷凍庫兼保冷庫

冷凍庫兼保冷庫の写真ユリや球根を保冷している様子です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。