ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月1日更新

児童手当

「児童手当」は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援する制度です。

児童手当を受給できる方
お申し込み窓口と時間
支給額
支給月
手続き(公務員の方は、各職場にお問い合わせください。)

児童手当を受給できる方

津南町に住民登録もしくは外国人登録があり、中学校修了(15歳到達後最初の3月31日)までの子どもを養育している方が受給できます。
児童手当の受給資格者は、子どもを養育し、かつ生計を同じくする父または母です。父母に養育されていない子どもについては、子どもを養育し、かつ生計を維持する方が受給資格者となります。

お申し込み窓口と時間

児童手当は申請していただかないと支給されません。申請された翌月から支給となります。
※出生日や転入日(異動日)が月末に近い場合、申請が翌月になっても、異動日から15日以内の申請であれば、申請月から支給されます。
児童手当の申し込みは福祉保健課 福祉班(7番窓口)で受付けしています。
受付時間は月曜から金曜の平日(土・日・祝日は除きます) 午前8時30分~午後5時15分です。
※公務員の方は各職場が申請先となります。

【申請時に必要なもの】

  1. 印鑑
  2. 請求者名義の銀行等の口座情報(普通預金に限る)
    ※子どもや個人商店名義の口座では登録できません。                       
  3. 請求者名義の健康保険証のコピー(厚生年金等の加入者のみ必要)
  4. 子どもがいる世帯の住民票(子どもが請求者と別居していて、津南町以外の市町村に住所を有している場合のみ必要)

  ※状況等により他に書類等が必要になる場合があります。

支給額

月額3歳未満3歳以上小学校修了まで中学生
第1子15,000円10,000円10,000円
第2子15,000円10,000円10,000円
第3子目以降15,000円15,000円10,000円

※「第1子」、「第2子」、「第3子」とは、受給者が養育し、かつ生計を同じくする18歳到達後最初の3月31日までの間にある子どもの中で数えます。
※所得制限額以上の受給者の方は子ども1人につき月額5,000円が特例給付として支給されます。

【支給額の計算例】

(1) 19歳・16歳・10歳・9歳の子どもがいる場合(合計:25,000円)

年齢児童手当の計算支給額
(月額)
19歳算定外
16歳第1子 算定児童
10歳第2子 支給対象児童10,000円
9歳第3子 支給対象児童15,000円

(2) 8歳・6歳・3歳の子どもがいる場合(合計:35,000円)

年齢児童手当の計算支給額
(月額)
8歳第1子 支給対象児童10,000円
6歳第2子 支給対象児童10,000円
3歳第3子 支給対象児童15,000円

(3) 0歳・3歳の子どもがいる場合(合計:30,000円)

年齢児童手当の計算支給額
(月額)
3歳第1子 支給対象児童15,000円
0歳第2子 支給対象児童15,000円

支給月

  • 6月10日(2月~5月分)
  • 10月10日(6月~9月分)
  • 2月10日(10月~1月分)

  ※上記支給日が休日の場合は、直前の平日に支給します。

 手続き(公務員の方は、各職場にお問い合わせください。)

  • 出生などの理由で養育する子どもが増えたとき
  • 子どもと別居したとき
  • 津南町外へ転出するとき
  • 他の市区町村から津南町に転入したとき
  • 子どもを養育しなくなったとき(離婚・死亡など)
  • 振込先口座を変更したいとき(受給者名義の口座のみ変更可能です)
  • 子どもが施設に入所したとき
  • 津南町内で住所変更したとき
  • 受給者が公務員になったとき、公務員でなくなったとき

  ※この他、状況により届出が必要な場合があります。


<関連情報>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。