ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険 > 国民健康保険 > 医療費が高額になったとき(70歳から74歳の人)

医療費が高額になったとき(70歳から74歳の人)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月1日更新

高額療養費
 自己負担限度額
 手続き方法
高額医療・高額介護合算制度
 世帯の自己負担限度額(年額)

高額療養費

 同じ月内に支払う医療費の自己負担額が、所得に応じて定められた限度額を超えた場合、申請して認められると、超えた分の支払いの免除、もしくは払い戻しが受けられます。

自己負担限度額

区分外来のみ
(個人単位)
外来+入院の場合(世帯単位)過去12か月以内に限度額を
4回以上超えた場合







3252,600円+{(実際にかかった医療費-842,000円)×1%}140,100円
2167,400円+{(実際にかかった医療費-558,000円)×1%}93,000円
180,100円+{(実際にかかった医療費-267,000円)×1%}44,400円
一般18,000円
(年間144,000円)
57,600円44,400円(入院+外来の限度額を
4回以上超えた場合)
低所得 28,000円24,600円
低所得 18,000円15,000円

※長期特定疾病の自己負担限度額は、10,000円です。詳しくは、「長期特定疾病」を参照してください。

所得区分

現役並み所得者

3同一世帯の70歳から74歳の国保世帯員の中に、住民税課税所得が690万円以上の所得者がいる人
2同一世帯の70歳から74歳の国保世帯員の中に、住民税課税所得が380万円以上の所得者がいる人
1同一世帯の70歳から74歳の国保世帯員の中に、住民税課税所得が145万円以上の所得者がいる人
一般現役並み所得者、低所得、低所得のいずれにも当てはまらない人
低所得 2同一世帯の世帯主及び国保世帯員全員が住民税非課税の人(低所得以外)
低所得 1同一世帯の世帯主及び国保世帯員全員が住民税非課税で、かつ各種収入等から必要経費・控除(年金の所得は、控除額を80万円として計算)を差し引いた額が0円になる人

高額療養費の計算の留意点

  • 月をまたいで入院した場合でも、高額療養費の計算は月ごとに行います。
  • 病院・診療所、医科・歯科・調剤の区別なく合算して計算します。
  • 他保険の適用を受けている人とは合算できません。
  • 同一世帯の人とも合算できますが、70歳未満の人とは自己負担額が合算対象基準額の21,000円に達していない場合は、合算できません。

手続き方法

 現役並み1・2、及び低所得1・2の人が限度額の適用を受けるときは「国民健康保険限度額適用(標準負担額減額)認定証」が必要です(窓口で提示しない場合は他の区分で計算されることがあります)。

手続きに必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑(認印で結構です。)

手続き場所

 福祉保健課 保険班(1階5番窓口)

※ 国民健康保険以外の資格の人は、自分の加入している健康保険へお問い合わせください。
※ 認定証未提示、その他なんらかの理由により限度額を超えた支払をした月があった場合、高額療養費の払い戻しが発生することがあります。診療を受けてから2か月後以降に町から通知が行きますので、申請にお出でください。

高額医療・高額介護合算制度

 医療費と介護保険の1年間の自己負担額を合算した金額が、所得に応じて定められた限度額を超えた場合、申請して認められると、超えた分の払い戻しが受けられます。

 毎年8月1日から翌年7月31日までにかかった自己負担額を合算の対象とします。
払い戻しの対象となる場合、町から通知が届きますので申請にお出でください。

世帯の自己負担限度額(年額)

所得区分限度額
現役並み所得者3212万円
2141万円
167万円
一般56万円
低所得 231万円
低所得 119万円

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。