ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長期特定疾病

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年8月27日更新

厚生労働大臣の定める疾病
特定疾病受領証の交付申請
自己負担限度額

長期特定疾病

厚生労働大臣の定める疾病に係る療養を受ける人は、「特定疾病療養受療証」を医療機関に提示することで、1か月の自己負担額が10,000円になります。

厚生労働大臣の定める疾病

  1. 人工透析が必要な慢性腎不全
  2. 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第八因子または第九因子障害
  3. 抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定めるものによるものに限る)

特定疾病療養受療証の交付申請

申請に必要なもの

  • 医師の意見書
  • 保険証
  • 印鑑

申請窓口

福祉保健課 保険班(5番窓口)

自己負担限度額

月額10,000円

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。