ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 育ネットつなん > 子ども・若者相談支援体制についてのお知らせ
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

子ども・若者相談支援体制についてのお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月28日更新

平成29年度子ども・若者相談支援体制津南町教育委員会では、胎児から就労までを合言葉に、
子どもから青少年までの健全育成を願って以下のような相談・支援を行っています。

※平成29年度版子ども・若者相談支援体制のお知らせは下記から閲覧及びダウンロードできます。

平成29年度 子ども・若者相談支援体制 [PDFファイル/650KB]

相談窓口

こんなときはご相談ください

子育て支援センター

  • 保育園には行っていないけどほかの子どもと遊ばせたい。
  • 発達のことで少し心配がある。
  • 子育ての話を聞きたい。
  • 親同士友達になりたい。

乳児・幼児を対象に様々な遊びの場を提供しています。

子育ての相談も受け付けます。保護者、ご家族など、どなたでもお立ち寄りください。子どもや親同士が交流できる楽しい企画もあります。相談ごとは、事前にご連絡いただけるとありがたいです。

■相談時間  午前9時 ~ 午後4時まで

■相談窓口  子育て支援センター長

■電話番号  025-765-2738

矢印

すこやか訪問相談

  • 学校になじめない。
  • 友達とうまくつきあえない。
  • 家庭の子育てで悩んでいる。
  • 子どもが元気よく学校に行けるようにしたい。

すこやか訪問相談員が保育園、学校、家庭等を訪問して子ども・保護者・教職員などの相談に応じます。子どもや教育に関する悩み、相談ごとがありましたらお気軽に声をかけてください。
家庭訪問や「つなんにこやかルーム」相談室での相談が可能です。

■相談受付  午前9時30分 ~ 午後3時まで

■相談窓口  訪問相談員

■電話番号  025-765-4995
   (相談専用電話:にこやかルーム内)

矢印

適応指導教室「つなんにこやかルーム」

  • わが子が学校に行きたがらない、欠席が年間30日以上になっている。
  • 学校卒業後の若者の悩みはありませんか?
  • 家族以外の人と付き合わず、半年以上家庭にこもっている。
  • 就労できずに父母から養育してもらう生活が長い。

小・中学生を対象に、家庭と学校をつなぎ、不登校児童生徒を支援する教室を開設しています。

教室では主に仲間との交流や体験活動、学習などを通して徐々に集団生活への適応力を付け、学校に戻れるように支援します。
 保護者の相談も受け付けています。

■開設場所  津南町正面(旧津南消防分遣所2階)

■開設時間  午前9時から午後3時まで(相談可能時間)

■活動日時  月曜日から金曜日まで
          午前9時から午後2時30分

■担当     つなんにこやかルーム指導員

■電話番号  025-765-4985

矢印

子ども若者育成支援関係相談窓口

乳児・幼児・児童生徒の他に、子ども若者育成支援法の施行に基づいて引きこもりやニートなど、若者が抱える問題についても支援していきます。
 下記にご連絡ください。担当につなぎます。

■ 教育委員会 子育て教育班
   電話番号 025-765-3118

■ 福祉保健課健康班
   電話番号 025-765-3114

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)