ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別定額給付金

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月14日更新

特別定額給付金について

給付対象者及び受給権者

■給付対象者
基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に記録されている者。

■受給権者
世帯主

給付額

給付対象者1人につき10万円

申請方法

基本的に世帯主が申請者となります。

▪郵送による申請(基本的にこちらの方法になります)
※やむを得ない場合、窓口での申請も可。
▪オンラインによる申請(マイナンバーカードと専用の機器が必要となります)
※5月7日からオンラインのみ申請可能)

申請時に必要な書類等

・特別定額給付金申請書(5月13日発送)
・振込先口座の確認書類(口座名義を確認する必要がありますので、通帳の1ページ目やキャッシュカードのコピーを添付してください)

※申請者と振込先の口座名義人が同じ場合は本人確認書類は不要です。
※代理人申請を行う方は本人確認書類(運転免許証などの写し)の添付が必要です。

給付までのスケジュールについて

・特別定額給付金の申請書発送日
 5月13日

・申請受付開始日
 5月11日(オンライン)、18日(郵送)

・給付金の振込開始日
 5月14日(オンライン)、20日(郵送)から順次対応

・申請受付期間
 令和2年5月11日から令和2年8月10日まで(オンライン申請)
 令和2年5月18日から令和2年8月17日まで(郵送申請)

配偶者等からの暴力を理由に避難している方へ

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、下記の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

1 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
 今お住まいの市町村に申請を行っていただきます。
2 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件

次の1~3のいずれかに該当する方
1 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
2 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
3 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること。

■問合せ先
津南町役場税務町民課町民班
電話番号:025-765-3113
■問合せ期間
令和2年4月24日(金曜日)から30日(木曜日)午前8時30分から午後5時15分

特別定額給付金に関する特殊詐欺の注意喚起

特別定額給付金を装った詐欺が予想されます。不審な電話や訪問などがあった場合は役場や警察署にご連絡ください。

・町役場や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは絶対にありません。

・町役場や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

その他詳細について

総務省の公式情報について

申請書の送付先変更(住所地と別の場所に居住しているかた)

津南町は令和2年5月13日に申請書を発送しました。
入院、施設入所等により、住民票記載の住所地で申請書を受け取ることができない方、または法定代理人のかたは「特別定額給付金申請書送付依頼届」を提出することで、居住地で申請書を受け取ることができます。

「特別定額給付金申請書送付依頼届」は、申し出をいただければ、郵送により送付いたします。
この依頼により、新たに送付する申請書には再発行と表示され、先に住所地へ送付済みの申請書は無効となります。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


Excel Viewer のダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。

Excelファイルをご覧になるには、マイクロソフト社の Microsoft Excel が必要です。
お持ちでないかたは、マイクロソフト株式会社のホームページから Excelのファイルを表示、印刷することができるExcel Viewer を無償で入手できます。