ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光地域づくり課 > 多様な考え方をもった人たちとの対話に役立つ研修を開催します

多様な考え方をもった人たちとの対話に役立つ研修を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月17日更新

津南町ファシリテーション研修

~多様な考え方を持った人たちとの対話スキルを身につけよう~

概要・目的

多様な背景を持った方々と対話をするときに活用できる考え方とスキルについて理解し、今後の地域住民の方々との対話などで実践できるようにするスキルアップセミナーです。

開催日時

令和2年11月27日金曜日 午後1時~3時

会場

津南町役場3階大会議室

対象者

地域活動などで話合いが必要となる津南町住民及び津南町内勤務者

受講料

無料

申込方法

事前予約制です。前日までに観光地域づくり課(電話025-765-5454 担当:名地)までご連絡ください。

カリキュラム

(1)オリエンテーション(30分)

・研修の目的、自己紹介を用いたアイスブレイク

今回の研修の⽬的と、⼈が集まる場の雰囲気をほぐすやり⽅として、⾃⼰紹介 を⽤いたワークをやります。ついつい緊張して話がしにくい場を和らげる⽅法を理 解しつつ、会議の場の雰囲気を和らげるポイントをお話します。

(2) 会議には⽬標(ゴール)が必要(40分)

・どんな会議や話し合いに参加しましたか︖ ・良い会議と嫌な会議の違い ・会議に必要な⽬標(ゴール)

いままで参加した会議や話し合いを振り返り、どんな会議が参加して良かったかどう かを振り返ります。その違いと影響を⽐較したうえで、会議には必要な⽬標(ゴール)について確認します。

(3)ファシリテーションという⾔葉(40分) ・ファシリテーションってなに︖ ・会議でおさえるコミュニケーションのポイント (体感ワーク)

今回の研修のタイトルになっている「ファシリテーション」について解説します。会議の 場を促進するために役⽴つ技法であるファシリテーションと、そのファシリテーションをう まくやっていくための、参加者とのコミュニーションのとり⽅のポイントについて確認しま す。コミュニケーションについては、体感してもらいながら、会議での効果的なコミュニ ケーションのとり⽅を確認します。

(4)まとめと質疑応答(10分)

・今⽇のまとめ、質疑応答
今⽇のまとめをいたします。疑問点は質疑応答で解消します。また次回以降のワー クショップについて予告いたします。

講師プロフィール

【⽒ 名】 増⽥ 和芳(ますだ かずよし)
合同会社富⼠みらいクリエイション代表 きら星株式会社業務パートナー ⼈材育成コンサルタント・ワークショップデザイナー

<これまでの実績>
【企業向け研修】 大手物流会社系列保険代理店「営業マネジメント研修」 大手建設業「パワハラ防止会議のファシリテーション」 日用品卸「全社員対象・職場の報連相研修」 ITサービス業「プレゼンテーション研修」 通信業「ハラスメント相談員研修」 大手検査薬メーカー「会議ファシリテーション研修」 静岡県内物流業「営業基礎セミナー」「新入社員研修(チームワーク)」 静岡県内建設業「新入社員研修」 静岡県内一般廃棄物処理業「リーダー研修」「管理職研修」「人材育成コンサルティング」等
【地方自治体職員向け研修】 地方自治体「若手職員研修」「タイムマネジメント研修」「クレーム対応研修」「メンター研修」 【市民向けワークショップ】 「富士市民向けまちの会議のやり方実践ゼミ」、「(市民向け)褒め言葉によるコミュニケー ション講座」、「(公開講座)会議の効率的なやり方を考える」、「(市民団体向け)働き方改 革を考えるワークショップ」 等

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。