ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉・生活支援 > 障害者福祉 > 障害者自立支援医療(精神通院)

障害者自立支援医療(精神通院)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月1日更新

精神通院医療、更生医療、育成医療が平成18年4月から統合され「自立支援医療」となりました。これに伴い、原則として医療費の1割と入院時の食費が自己負担となりますが、低所得世帯や病状が「重度かつ継続」となる方については、負担軽減措置が設けられます。

対象者  
支給(助成)内容
必要書類
申請窓口
各種様式

対象者

精神疾患を理由として、通院による精神医療を継続的に要するかた。

支給(助成)内容

精神障害の医療に必要な費用の100分の90を、保険者と公費で負担します。ただし、世帯の所得や疾病等に応じて月額の自己負担上限額が定められています。

申請書類

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書 (下欄に様式があります。)
  • 診断書(精神通院用) (下欄に様式があります。)
  • 保険証の写し
    1.国民健康保険の場合→世帯の同一保険加入者全員分
    2.社会保険の場合→申請者と保険料支払者分
  • 同意書(下欄に様式があります。)
  • 受診者本人の収入額がわかるもの(例:年金振込通知書、通帳)

申請窓口

津南町役場 福祉保健課福祉班
電話:025-765-3114(内線146)

各種様式

自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書 [PDFファイル/183KB]
診断書(精神通院用) [PDFファイル/165KB]
同意書 [PDFファイル/64KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)