ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

児童扶養手当とは

父母の離婚や死亡などの理由で、父または母と生計を同じくしていない児童の健やかな成長のため、生活の安定と自立の促進を目的として支給する手当です。

手当を受けることができる人
申請場所
手当額(月額)
支給日

手当を受けることができる人

児童扶養手当は、次のいずれかに該当する児童を養育している父または母や、父母に代わって養育している人に支給されます。また、父または母に重度の障害がある場合も対象になります。

対象となる児童

  1. 父母が婚姻を解消した児童(離婚)
  2. 父または母が死亡した児童(死亡)
  3. 父または母が政令に定める程度の障害の状態にある児童(障害)
  4. 父または母の生死が明かでない児童(生死不明)
  5. 父または母から1年以上遺棄されている児童(遺棄)
  6. 父または母が法令により引き続き1年以上刑務所などに拘禁されている児童(拘禁)
  7. 未婚の女性の子で父がいない児童(未婚の母)

※上記でいう「児童」とは、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童及び20歳未満の障害を有する児童をいいます。

※上記の項目に該当する場合でも、児童扶養手当を受けられない場合もあります。

申請場所

福祉保健課福祉班(7番窓口)
午前8時30分~午後5時15分(土日祝日除く)

※手当を受ける資格がなくなったとき(婚姻したときなど)や、住所、氏名、手当の振込先を変更するときなども手続きが必要です。

 手当(月額)

受給資格者(父または母、もしくは父または母に代わって児童を養育している方)の所得や、養育する児童の数などにより金額が決められます。受給資格者や世帯員の所得が一定額以上の場合は、所得制限により手当が受けられない場合があります。

手当額一覧表
区分児童1人の場合児童2人目の加算額児童3人目以降の加算額(1人につき)
全部支給42,910円10,140円6,080円
一部支給

42,900~10,120円

(所得に応じて決定)

10,130~5,070円

(所得に応じて決定)

6,070~3,040円

(所得に応じて決定)

支給日

手当は認定の請求をした日の属する月の翌月分から支給されます。手当の支給日は次のとおりです。なお、支給日が休日の場合は直前の平日に支給します。

  1. 1月11日頃(11月、12月分)
  2. 3月11日頃(1月、2月分)
  3. 5月11日頃(3月、4月分)
  4. 7月11日頃(5月、6月分)
  5. 9月11日頃(7月、8月分)
  6. 11月11日頃(9月、10月分)

<関連情報>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。