ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
メニューを飛ばして本文へ飛ぶボタン
津南町
  • 文字サイズを拡大する
  • 文字サイズを元に戻す
  • 背景色を白にする
  • 背景色を黒にする
  • 背景色を青にする
  • 背景色を黄にする
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

赤沢神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月21日更新

赤沢地区に残る伝説の神楽 赤沢神楽

赤沢神楽の様子

赤沢神楽の様子

赤沢地区に語り継がれている伝統行事「赤沢神楽」。赤沢神楽が行われる旧芦ケ崎村の村社、赤沢集落の八幡社は、言い伝えによると赤沢城主大井田遠江守が鎌倉攻めにはせ参じた折りに鶴ケ岡八幡宮の分影を迎えて祀り一郷の鎮守としたといわれています。
江戸時代以前から奉納されたとの言い伝えがあり、戦争中は一時中止となりましたが、戦後昭和21年春に奉納されました。その後、20年ぶりに当時の総代の呼びかけにより復活し、現在まで公演されています。開催時期は全く決まっておらず、地元の方々のタイミングで決まっています。
赤沢神楽は、町の指定文化財にも指定されています。

◯赤沢神楽町指定文化財情報詳細

種別名称指定年月日所在地管理者
無形赤沢神楽平成21年3月30日赤沢赤沢地区

地図

近くの見どころ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)