ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 税金 > 個人住民税 > 個人住民税の特別徴収に係る各種届出様式

個人住民税の特別徴収に係る各種届出様式

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月19日更新

下記のような異動があった場合は、届け出が必要です。

それぞれの様式に必要事項を記入・押印のうえ、ご提出ください。

従業員が退職・休職等をして、特別徴収が出来なくなった場合

給与所得者異動届出書 [PDFファイル/194KB]

  • 未徴収税額の納税方法(一括徴収または普通徴収)にかかわらず、上記の様式をご利用ください。
  • 平成29年1月1日以降の異動に係る届出には、給与所得者の個人番号および給与支払者の法人番号または個人番号が必要です。

従業員が転勤をして、転勤先の事業所で引き続き特別徴収を行う場合

給与所得者異動届出書 [PDFファイル/194KB]

  • 用紙下部(「転勤等による特別徴収届出書」欄)は、転勤先の事業所が記入します。
  • 平成29年1月1日以降の異動に係る届出には、給与所得者の個人番号および給与支払者の法人番号または個人番号が必要です。ただし、給与所得者の個人番号は、前勤務先では記入せず、新勤務先において給与所得者から提供を受けたうえで記入してください。

就職などにより、年の途中から特別徴収を開始したい従業員がいる場合

町民税・県民税の特別徴収への切替申請書 [PDFファイル/82KB]

  • 用紙1枚につき、3人まで記入いただけます。
  • 平成29年度の町民税・県民税に係る届出からは、給与支払者の法人番号の記入が必要です(給与所得者および個人事業主である場合の給与支払者の個人番号の記入は不要です)。
  • 従業員の方が、すでに自分で納めている個人住民税がある場合は、何期まで納入済みかを確認のうえ、「普通徴収納付状況」欄にご記入ください。
  • 二重納付を防ぐため、特別徴収へ切り替える分の普通徴収の納税通知書は、申請書の提出時に、合わせてご提出ください。

事業所の名称や所在地等の変更があった場合

特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書 [PDFファイル/166KB]

  • 平成28年1月1日以後の届出からは、給与支払者の法人番号の記入が必要です(個人事業主である場合の給与支払者の個人番号の記入は不要です)。

提出先

〒949-8292 新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡戊585番地
 津南町役場 税務町民課 税務班

郵送での提出も可能です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)