ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

パスポート(旅券)の申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月23日更新

 パスポート(旅券)は、日本国政府が、外国政府に対して、その所持人が日本国民であることを証明する「公式身分証」であり「国籍証明書」です。その人が安全に旅行できるよう必要な保護と扶助を要請するものです。
 申請は、津南町内に現住所(住民登録)のあるかたは津南町役場税務町民課で受け付けています。

1.パスポート(旅券)の種類

 有効期間が5年旅券用と10年旅券用の2種類があります。ただし、申請日現在20歳未満のかたは、有効期間が5年旅券のみの申請となります。

2.パスポート(旅券)申請窓口と受付時間

  • 受付窓口  津南町役場 税務町民課
  • 受付時間  月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時
    (注)土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)は受付しておりません。

3.申請に必要なもの(新規・切替申請)

(1)一般旅券発給申請書(1通)

  • 有効期間が5年旅券用と10年旅券用の2種類があります。
  • 20歳未満(申請日現在)のかたは、有効期限が5年旅券のみの申請となります。

(2)戸籍謄本又は抄本(1通)

  • 発行の日から6カ月以内のものが必要です。ただし、有効期間内の旅券の切替で、氏名・本籍に変更のないかたは省略できます。
  • 同一戸籍内にある2人以上の方が同時に旅券を申請する場合は、戸籍謄本は1通とすることができます。

(3)写真(1枚)

  • たて45ミリメートル・よこ35ミリメートル、頭頂(頭髪を含みます)からあごまで34ミリメートル±2ミリメートルのふちなしで撮影後6カ月以内のもの。
  • 顔は正面を向き、無帽、無背景。

(4)本人確認の書類(有効な原本 コピーは不可)

  • 1点で確認できるもの  
    日本国旅券(失効後6カ月以内のものを含む)、マイナンバーカード、運転免許証、官公庁等の身分証明書(写真のあるもの)
  • 2点で確認できるもの  
    健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、介護保険被保健者証、納税証明書、印鑑登録証明書と実印のうち2点もしくは、これら1点と次の証明証類の組み合わせ。学生証(中学生の生徒手帳は写真なしでも可)、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書、失効旅券(本人が確認できるもの) ※小学生以下の場合は「健康保険証と母子健康手帳」

(6)前回取得した旅券

  • 有効期間内の旅券をお持ちのかたは、有効旅券の提出がないと申請できません。
  • 過去に旅券を取得したかたは、失効していてもその旅券をお持ちください。

4.その他

 詳細な申請のご案内は下記の関連情報をご覧ください。


<関連情報>

旅券(パスポート)申請のご案内

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)