ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > ライフイベント > 結婚・離婚 > 国民年金 > 年金を受けている人の主な手続き
トップページ > 分類でさがす > ライフイベント > おくやみ > 国民年金 > 年金を受けている人の主な手続き

年金を受けている人の主な手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月30日更新

年金を受けている人が引っ越しをしたとき
年金を受けている人が亡くなったとき
年金証書をなくしたとき

年金を受けている人の主な手続き

年金を受けている人が引っ越しをしたとき

 転入先の住所地を管轄する年金事務所に住所変更届を提出する必要があります。役場に住所変更届をしただけでは、年金支給をしている年金機構の住所は変更されません。ご注意ください。
 届出は郵送でもできます。届出専用ハガキが役場にもございますのでご利用ください。
 なお、年金証書に記載されている住所を書き換える必要はありません。

※共済年金受給者は、各共済組合にお問い合わせください。

年金を受けている人が亡くなったとき

 届出者の住所地を管轄する年金事務所に受給権者死亡届を提出する必要があります。役場の戸籍窓口に死亡届をしただけでは、年金支給をしている年金機構の記録は更新されません。ご注意ください。
 生計同一の遺族がいる場合には、未支給年金を請求できます。
 詳しくは、関連情報から未支給年金のページをご覧ください。

※共済年金受給者は、各共済組合にお問い合わせください。

年金証書をなくしたとき

 最寄の年金事務所で年金証書再発行の手続きができます。身分を証明できるもの、認め印などをお持ちください。
 手続きは郵送でもできます。届出専用ハガキが役場にもございますのでご利用ください。

※共済年金受給者は、各共済組合にお問い合わせください。

<関連情報>

    意見をお聞かせください

    お求めの情報が十分掲載されていましたか?
    ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
    この情報をすぐに見つけることができましたか?

    ※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

    ※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。