ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

年金手帳をなくしたら

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月30日更新

年金手帳には、あなたの年金を管理する基礎年金番号が記入されています。年金に係る届出に必要になりますので大事に保管ください。

もし手帳をなくしてしまったら、以下の手続きで再交付することができます。

・1号被保険者
  役場へ「年金手帳再交付申請書」を提出してください。郵送で2~3週間後に届きます。

  お急ぎの場合は、ご本人様のみ、年金事務所の窓口で即日発行してもらえます。その際、年金事務所窓口で本人確認をしますので、免許証等をご持参ください。

・2号被保険者
  勤務先へ申請してください。

・3号被保険者
  夫(妻)の勤務先へ届け出てください。


    意見をお聞かせください

    お求めの情報が十分掲載されていましたか?
    ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
    この情報をすぐに見つけることができましたか?

    ※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

    ※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。