ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

遺族厚生年金

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月30日更新

請求先
遺族の範囲

遺族厚生年金

次の要件の方で、生計同一の遺族に支給されます。

(1)保険料の納付要件を満たしている人が
 1.厚生年金の被保険者である間に死亡したこと
 2.厚生年金の被保険者の資格を失っても、被保険者であったときに、最初に受診した日がある病気やケガで、5年以内に死亡したこと
(2)2級以上の障害厚生年金の受給者が死亡したとき
(3)老齢厚生年金を受けている方、もしくは、受給資格を満たしている方が死亡したこと

請求先

死亡した人の勤務先を管轄する年金事務所

遺族の範囲

遺族厚生年金を受けることができる遺族は、死亡した人によって生計を維持されていた次の人です。

 1. 妻
 2. 55歳以上の夫・父母・祖父母(60歳になるまで支給停止)
 3. 18歳までの子・孫または、20歳未満で障害基礎年金に該当する程度の障害を持つ子・孫

遺族が複数いる場合の年金を受けられる順位は、配偶者・子・父母・孫・祖父母の順です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。