ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
メニューを飛ばして本文へ飛ぶボタン
津南町
  • 文字サイズを拡大する
  • 文字サイズを元に戻す
  • 背景色を白にする
  • 背景色を黒にする
  • 背景色を青にする
  • 背景色を黄にする
トップページ > つなんめぐり > 日本一の水力発電地帯
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

日本一の水力発電地帯

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月21日更新

豊富な河川水を利用した水力発電

東京電力信濃川水力発電所
津南町鹿渡にある東京電力信濃川水力発電所

津南町は、信濃川、中津川など豊富な河川水を生かした水力発電地帯です。その中でも、津南町鹿渡にある東京電力信濃川水力発電所は、一本の鉄管の太さが3.8Mで計5本あり、有効落差が109.97Mとなっています。これは、一般水力において累計総発電電力量が日本一の水力発電所になります。昭和14(1939)年11月の運用開始時には、東洋一と言われていました。
また、一般水力における年間発電電力量が電源開発佐久間水力発電所に次いで日本第2位となっています。

地図(東京電力信濃川水力発電所)

近くの見どころ