ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
メニューを飛ばして本文へ飛ぶボタン
津南町
  • 文字サイズを拡大する
  • 文字サイズを元に戻す
  • 背景色を白にする
  • 背景色を黒にする
  • 背景色を青にする
  • 背景色を黄にする
トップページ > つなんめぐり > つなん観光ニュースレター
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

つなん観光ニュースレター

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月24日更新
津南町では、より多くの皆様に津南を知っていただきたいという思いから様々なイベントやツアー、活動など旬な観光トピックスを定期的に配信しています。

今月の注目トピックス

ニュースレター014
40キロメートル上流より導水している累積発電量日本一の信濃川発電所管路

日本一の水力電源地帯で産業系観光を開催!水力発電所の裏側バスツアー

工場夜景やダム見学などの産業系観光ツアーが人気ですが、累積発電量日本一の信濃川発電所や中津川施設を巡るバスツアーを開催します。定員20名の普段は立ち入れない発電所の裏側まで第一発電所などの発電所と関連入ってしまう貴重な体験です。ダム女ならぬ『水力女子』の殺到か?ご紹介いただけると幸いです。

 河岸段丘という特殊な地形と、信濃川をはじめとする大河川が走り、大量の湧水に恵まれた津南は、大正時代以降、数多くの水力発電所が作られてきた日本一の水力電源地帯。そんな津南の地理的特性や建設遺構をジオガイドが案内しながら、累積発電量日本一の東京電力信濃川発電所や落差400mの鉄管を持つ東京電力中津川第1発電所など、普段は入れない水力発電所の裏側を一日バスツアーでお見せします。東京電力職員による技術的な話はもちろん、水力発電に適した自然環境や発電所建設にまつわる地域の生活変化、厳しい豪雪地帯での発電所維持の様子などもご紹介します。

詳しくは津南町観光協会のホームページをご覧ください。

http://www.tsunan.info/

 

「野沢菜漬け・お茶のみ」で豪雪地津南の知恵、魅力を体験しませんか。

「生まれ育った都会と地方を結ぶ仕事がしたい。」そんな思いから津南で活動している「地域おこし協力隊」の方がいます。そして今回、豪雪地ならではの知恵・食文化を体験できるイベント「野沢菜漬けとお茶のみ」を開催します。

地域おこし協力隊の松本さんは、津南と都市との交流を中心に人との関わりを大切にしています。そんな想いを持って企画した今回のイベント。豪雪地ならではの知恵が詰まった「野沢菜漬け」体験、地元のかあちゃんたちと顔を合わせ津南町での暮らし、知恵などが聞ける「お茶のみ」を体験できます。時間は午後1時00分に集合、午後7時30分に解散となります。場所は旧三箇小学校、内容は野沢菜収穫・漬物体験、お茶のみ、夕食、懇親会となります。松本さんは「私が津南来て感じた魅力を同じように体験してほしい。このイベントで都会と津南のつながりをつくりたい。」と話してくれました。そんな津南の魅力がたくさん詰まった内容になっています。

ニュースレター最新記事

バックナンバー

過去に配信したニュースレターもこちらからご覧いただけます。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)