ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
メニューを飛ばして本文へ飛ぶボタン
津南町
  • 文字サイズを拡大する
  • 文字サイズを元に戻す
  • 背景色を白にする
  • 背景色を黒にする
  • 背景色を青にする
  • 背景色を黄にする
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

火焔型土器

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月20日更新

縄文文化の象徴 火焔型土器

火焔型土器
国指定重要文化財 堂平遺跡出土火焔型土器

火焔型土器は、その卓越した造形から美術的価値も高く、特に欧米では日本固有の文化・芸術を表すものとして高く評価されています。国の指定文化財に指定されている津南町堂平遺跡から出土した火焔型土器は、大英博物館に常設展示されています。
およそ5,000年前に作られた火焔型土器は、津南町から長岡市までの信濃川上流域を中心として、現在の新潟県域から出土しています。
火焔型土器は、現在の鍋のように使われていたとされています。その証拠は、土器の内側に付着した炭化物「おこげ」から見て取れます。この「おこげ」の科学的分析により、木の実や肉、魚などを煮ていたことがわかっています。
この土器の誕生は、雪国だからこそ生まれたとも言われています。


◯遺物の展示場所

遺物は、「津南町歴史民俗資料館」や「農と縄文の体験実習館」でご覧いただけます。

◯火焔型土器関連指定文化財一覧

(1)国指定文化財

種別名称指定年月日所在地管理者備考
考古堂平遺跡出土火焔型土器平成18年6月9日津南町歴史民俗資料館文化庁重要文化財
考古堂平遺跡出土王冠型土器平成18年6月9日津南町歴史民俗資料館文化庁重要文化財

(2)県指定文化財

種別名称指定年月日所在地管理者備考
考古沖ノ原遺跡出土品平成7年3月23日津南町民俗資料館津南町教育委員会縄文中期1,064点

(3)町指定文化財

種別名称指定年月日所在地管理者備考
考古沖ノ原遺跡出土品昭和48年6月1日津南町民俗資料館津南町教育委員会縄文中期
考古道尻手遺跡出土の縄文土器平成23年3月31日津南町民俗資料館津南町教育委員会24点

リンク

関連情報