ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
メニューを飛ばして本文へ飛ぶボタン
津南町
  • 文字サイズを拡大する
  • 文字サイズを元に戻す
  • 背景色を白にする
  • 背景色を黒にする
  • 背景色を青にする
  • 背景色を黄にする
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

アンギン

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月21日更新

幻の布 アンギン

アンギン
アンギン

アンギンとは、山野に自生する「カラムシ」や「アカソ」などの植物繊維で作った糸を、もじり編みという技術で作った編み物製品を指します。アンギンという名前は、「編み衣」がなまった呼び方ではないかとも言われています。また、アンギンの編み文様が、縄文時代の土器に残っていたことから、縄文の頃からあったと言われています。日本で初めてアンギンが発見されたのが、ここ津南町です。

アンギン編み台
アンギン編み台

地図

リンク